奈良の地域経済のこれからを考える

2021年4月27日、「奈良の地域経済のこれから」を考える事業を実施しました。

まず基調講演では、南都経済研究所の吉村様より、経済データをもとに奈良市や生駒市の状況を説明。

次に、奈良もちいどのセンター街理事長の松森様より、夢キューブや夜市など商店街の取り組み紹介と共に、「地元の人が買ってくれる商店街に」という思いを語っていただきました。

その後のパネルディスカッションでは、「まちづくりに積極的に関わってくれるプレイヤーをどう巻き込むか」「コロナは、奈良の良さをもう一度見直す機会となった」「日頃から地域と繋がっている企業は、コロナでもある程度売り上げにつながっている」という意見が出ました。

また、奈良女子大教授の中山様からは、「地域の現状を掴みやすいのがJC。奈良青年会議所が中心となって地域経済の分析を行い、どう経済循環を確立するか考えて取り組んでいってほしい」というお言葉や、吉村様からは「コロナを受けて、リーダーが率先してデジタル化を進めるべきである」というお話をいただきました。

今回は新型コロナウイルス感染拡大の関係で無観客で実施。内容は後日、動画にて配信いたします。

#奈良市 #経済 #JCI奈良 #共助 #コロナ

関連記事

  1. 7月第一例会・動画クリエイト基礎講座
  2. 3月理事会
  3. 災害時に必要な○○を簡単に作成
  4. 8月第一例会・入会式
  5. 明日は筋肉痛
  6. 近畿地区大会 会員会議所会議 開催!
  7. 新年公式参拝
  8. JCI日本の活動へ

活動内容・報告

事務局カレンダー

関連リンク

奈良県

 

奈良市

 

生駒市

 

田原本町

 

平城京天平祭

 

なら燈花会










PAGE TOP